子猫のための母乳とキャットフード

最初の4週間は、母乳が子猫の生命の源です。ミルクミールは栄養素が豊富で、重要な抗体が含まれていて、おいしいです。この間、乳児は追加の食事を必要としません。しかしその後、ミートポットにたどり着く時が来ました。最初に殺された獲物は、放し飼いの農場の猫によって、生後約4週間の子犬に運ばれ、噛ませる。缶切りは子猫の世話をします。母猫のミルクがまだ自由に流れている場合でも、4週目から5週目まで子猫に追加の餌を提供します。

口にマッシュポテト

子猫は通常、母親が食べて不思議なことに鼻をボウルに入れるのを見ると、自分でそれをすべて味わうことができます。しかし、最初に彼らは吸う代わりに飲み込むことを学ぶ必要があります。練習するには、各子猫にヨーグルトまたはクリームを指で添えます。また、子猫のお粥を子猫の口に入れて、なめるように促すこともできます。マッシュポテト(缶詰は子犬に最適)は、最初にフォークで粉砕し、少量のミルクと混合して柔らかいマッシュを形成し、体温まで温めます。

安定した子供用食器

ただし、最初の試行では、マッシュポテトが鼻に入ったり、鼻孔を詰まらせたりしないように注意してください。自分で子猫のために何かを準備したい場合は、動物の食事の紹介として、生の卵黄と温水で泡立てたクリームクォークの少量を提供することができます。縁の高さが3cm、直径が19cmのセラミックボウルは、子供向けの食品の容器として特に適しています。大きくて安定しているので、一緒に食事をすることができ、転倒しにくいです。補完的な食事は1日3〜4回与えられます。子犬は好きなだけ食べることができます。 1時間後、食べ残しは処分され(二度と提供してはいけません)、ボウルはお湯で完全に洗浄されます。子猫は常に新鮮なものを提供されますが、冷蔵庫から冷やさないでください。そうでなければ、胃腸の問題は避けられません。補完的な給餌が始まると、飲料水も提供されます。通常、母猫は6〜8週齢の子猫を引き離します。その間、子供たちは固形食を食べることに慣れており、今では彼らの栄養ニーズを完全に満たすことができます。

猫を吸うことについてあなたは何ができますか?

クッションの先から飼い主の耳まで、手に入るすべてのものを猫が吸うと、刺激段階になり、ストレスを解消しようとします。遊びや御馳走の儀式に多くの注意を払うことは助けになります。絶え間ない吸引は、非常に敏感で不安定な猫で起こります。

猫に母乳をあげてもらえますか?

ミルクの問題は乳糖含有量です。猫は乳糖を消化するこの酵素を持っていないので、下痢になります。そのため、牛のミルクよりも猫に適しているわけではありません。

猫の乳生産を刺激するものは何ですか?

1日に数回の少量の食事を与えます。ミルクの生産により液体の必要性が大幅に高まるため、飲料水は常に利用可能でなければなりません。

猫はどのくらいの頻度で子猫に母乳を与えますか?

猫には8頭の乳頭があり、前のペアはしばしば乳を出さない。若い動物はすぐに特定の乳頭を好み、食事の時間にはしばしば喧嘩をします。子猫は最初は1日8時間までしゃぶります。

猫のお母さんは何が必要ですか?

猫の母親と子猫が健康を維持するために、猫は授乳期に特別な食事をとる必要があります。したがって、授乳中の猫は、次の基準を満たす高エネルギー食品を必要とします。高エネルギー密度(kcal / kgの数)高品質のタンパク質の高含有量でんぷんと炭水化物の低含有量。

猫はどのくらい赤ちゃんを育てますか?

6〜8週間で、若者はようやく母親の乳から完全に離乳します。ただし、猫は母親や兄弟との交流を通じて、後の人生で必要となる重要な社会的行動を学ぶため、12週齢になる前に採用すべきではありません。

子猫のカロリー消費

子犬の餌は粉砕されないままになります。また、母乳を離乳した後、子猫は乳糖をますます消化しにくくなる可能性があるため、母乳との混合をやめる必要があります。したがって、ミルクの添加は下痢を引き起こす可能性があります。成長中の子猫にも ミネラルビタミン が十分に供給されていることが重要です。たとえば、カルシウム欠乏症はすぐに骨成長障害を引き起こします。すぐに食べられる子犬用食品には、すべてが含まれている必要があります。したがって、サプリメントはあまりにも良いことです。重くなりすぎない限り、子猫は心ゆくまで食べることができます。生後8〜9か月で、子猫は大人の餌を食べる準備ができています。

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません

  • 子猫の手飼育
  • 子猫はここにいます
  • 猫の熱と交配行動

これらの状況では、成猫はミルクキックを示します

猫のミルクキックの起源は子猫の年齢ですが、成猫も定期的にこの行動を示します:

  • 猫は寝る前にミルクキックをすることがよくあります。飼い主の毛布や服をこね、数回輪になって、丸まって寝ます。猫がリラックスした気分になり、睡眠の準備をする方法のようです。
  • パッティングは猫が落ち着くのを助けることができます。
  • 猫の足には香りの腺があり、これを使って香りを発し、他の猫に「この場所は私のものです」と示します。これは、一種のテリトリーマーキング動作でもあります。

相容れない食べ物は避けてください!

健康な猫に下痢を引き起こす食品もあります。牛乳、ケーキ、パン、キャンディーなどの砂糖やでんぷんを含む製品、肺組織、皮膚、豚肉の皮などの消化しにくいタンパク質源、繊維質の高い食品などです。一部の猫は、一般的に牛肉などの実際に無害な食品成分にも反応します。

猫は自分の家族を認識していますか?

ほとんどの子猫は、8〜10週間後に母親からの授乳をやめます。しかし、彼らが完全に社交的になるように、猫の専門家は、12〜13週間後に子猫を兄弟から分離することだけを推奨しています。

実際、猫は私たち人間のように家族意識を持っていません。むしろ、彼らの平和は古い習慣から来ています。猫のきょうだいを長く離すと、お互いへの愛情も長続きしません。久しぶりに再会した場合、おそらくお互いを認識しないでしょう。

人間とは異なり、猫は主に典型的な外見ではなく、匂いによってお互いを認識します。 Katzengeschwister_3.jpg. 異臭の猫が兄妹のように見えても、匂いの違う家族のものではなく、拒絶されたり、戦ったりします。